カテゴリー別アーカイブ: 施工事例

リガーデン

 

施工前の様子

施工前の様子

お客様の要望は以下のような内容でした。

①雑草の管理が少ないこと

②思い出の植物(ユスラウメ)を残すこと

③将来足元がおぼつかなくなったときのために通路を広く

④破損したテラスの修復

施工後

施工後

 

お客様の要望を取り入れてプランさせていただきました。

雑草が生えないようにするために「まさど」を主原料材料で通路を作成しました。自然素材なので将来は土にかえります。通路には花壇やテラスに使用したレンガをアクセントに散らして、馴染むように配慮しました。

奥の花壇にはユスラウメを移植しました。実生の為、数本あったものから根の良いものを選択しました。また、多くの花、果実をつけてくれると思います。残りの花壇は、植物の好きなお客様自身が植えられる場所として残してあります。

テラスは既存の基礎を利用にてレンガで化粧しし、プランターがおける場所として、居間への出入り口として計画しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋上菜園 事例

屋上やテラスで、プランターの中でもすくすく育つ野菜たち(ベランダ菜園で問題になる土の処理ですが、一度も土を処分せず、堆肥、有機肥料を使って土壌改良を繰り返し行い、元の土を利用しています。)
b0123308_1062982
b0123308_107660b0123308_1075497
野菜とハーブが自然に住み分けをして花もよく咲いています。

震災後の庭

暑い日が続いておりますが、皆さまお変わりないでしょうか?

さて、今年は震災・原発事故、と異常事態の中でどう生きていくか、ということが
試されているような日々ですが、お庭での作業を気にされている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

つい先日の高濃度の放射性物質が腐葉土から検出された、というニュースは
ある程度予想はできることであっても、我々にとってもショッキングなものでした。

今年はお庭の手入れをさせていただいていても、例年と比べると異常な程
沢山の花を咲かせる木が多くあり、実を今までほとんど付けたことなかった木にまで
実がなるという現象も見られました。

木はよく弱ると次の世代へつなげるため、花を多く咲かせる、といいますが、
それらの木自体が弱っている訳ではないところを見ると、木は何かしら
異常事態を察しているのではないか?と思ってしまいます。

私たちも庭を造り、緑を自分の好きなように配置させてあたかも人間が主となった
見方をしてしまいがちですが、きっと植物は人間より遥かに敏感で、
自然の中で生き抜く知恵を持っているのだと思います。

放射性物質に関してはチェックがされている肥料や腐葉土を買う、というのも
一つの手でありますが、よほど弱ったり、土が劣化している訳でなければ、
今年は特にそういうものを使わなくてもいいと思います。

地植えの場合は特に、木や草花は環境に合っていれば、適量のお水さえ
やっていれば過保護にしなくてもすくすくと育ってくれますし、
逆に過保護にしなければ維持できない草木は、別の場所に移して欲しい、
もしくはもっと環境に合ったものと変えて欲しい、というメッセージを発してくれるはずです。

今年は決して無理をなさらず、ストレスをためずに植物に愛情を注げる庭や
ライフスタイルに合った庭仕事の形を探るチャンスにしていただければ、と思います。
b0123308_11134380
ミツバチも頑張っています!

施主のかたの環境の変化ともに歳月をかけて作り続けていく庭

はじまりは、8年も前に遡ります。横浜市の閑静な住宅地にある、和風の庭を洋風に変えたい、というご依頼でした。

道路に面した駐車場わきの通路から階段を上ると、和風の庭がありました。生垣はキンモクセイです。庭は南に面していますが、生垣が高いので日陰の多い庭でした。おしゃれなリビングから見える、ツツジが茂った和風の庭の雰囲気がしっくりこないのが気になり、思い切ってリフォームしたい、ということでした。約40㎡くらいの広さです。
b0123308_081820

◇施工前の様子

奥様は、庭のツゲやツツジをお好きではありませんでしたが、ご主人はせっかく育っているのだから…と、それらを全部伐採してしまうことには難色を示されていました。事情があって、南側の庭全部を一度に作りかえることはできないため、最初はリビング前の庭の半分を洋風に変えて、その後、残りの部分も変えていくということになりました。

まず、ご主人の意向を汲んで、洋風になじまない刈り込み仕立てのツゲを、庭の作り直さない部分に移植して残すことにしました。リビング前の狭いテラスを、思い切ってレンガ造りの広いテラスに作り変え、同じレンガで花壇と小道を作り統一感を出しました。生垣を低くしても日当たりはそれほど改善されないので、花壇を高く作って日当りを少しでもよくすることにしました。
b0123308_01846
◇庭の半分をリフォームした後、テラスから花壇方向を望む

その後、子供さんたちの結婚や受験があり、しばらくは大がかりなリフォームはお休みし、庭の手入れが中心になりました。その間も環境に合わない植物は消え、別の植物を植えたり、土壌改良をしたりと、小さな改造は続いていました。

最初に植えてから4、5年たち、ジューンベリーやシデが、すくすくと枝を伸ばし成長してきました。これらの雑木がのびのび育って明るい林のような雰囲気になってくると、移植した仕立物のツゲが庭の雰囲気と合わなくなってきました。このツゲは、かなり衰弱して一部の枝が枯れかけていたので、ご主人も処分に納得され、思い切って抜根することにしました。

これをきっかけに、庭の残った部分のリフォームを再開することになりました。既存のレンガのテラスを延長し、ツゲの代わりに小さなコハウチワカエデを植え、庭に無造作に置かれていた沓脱石を株元に据えました。下草もウラハグサ(フウチソウ)のみに整理して、すっきりさせました。
b0123308_0223584
◇ウラハグサの脇から覗く沓脱石と、延長したレンガのテラス

庭全体のリフォームが一通り終わったところで、そろそろお庭作りも終わりかな、と思っていたところ、新たなご相談を受けました。庭が思い通りの雰囲気になり、広くなったテラスも大いに利用されているとのことでしたが、駐車場に面しているキンモクセイの生垣が和風で気になるので、リフォームした庭に合ったものに変えたい、というご要望でした。

駐車場横だけでなく、庭全体がキンモクセイの生垣だったので、全部を植え替えるということは大工事になります。そこで、2種類の提案をしました。

 ①駐車場の横のみ、暑さに強く刈り込みにも耐える針葉樹レイランドヒノキを
  植え、グレイに塗装したトレリスを作る

 ②費用はかかるけれど、オリジナルのアイアンのフェンスと小さなドアを作り、
  アイアンのフェンスにツル植物を絡ませる

ご検討の結果②案にまとまり、アイアン作家の青田さんに希望のイメージを伝え、オリジナルのフェンスとドアを制作しました。

仕上げに、庭のあちこちに植えていた様々な下草を片づけて、一面に西洋芝のタネをまきました。こちらの日陰の多い庭でも育つように、専門家に依頼して数種類のタネをブレンドしたものなので、木の根元まで芝が生えて自然な感じです。夏のような勢いはありませんが、冬も枯れないので一年中緑の芝生を楽しめます。
b0123308_0295321
 ◇陽が射さないシデの株元まで入り込む西洋芝

こうして8年かけて、少しずつ環境の変化にあった庭を作り続けることができました。施主のご夫婦が、今ではお孫さんも交えて、本当に気持ちよく過ごされているご様子をうかがうのは嬉しい限りです。
b0123308_036112

◇駐車場脇に設置した特注のアイアンフェンスとドア

b0123308_0382276
◇テラス側からアイアンドアを望む
b0123308_0401685

◇庭の入口から内部を望む

簡単に楽しめる屋上のコンテナ菜園

去年は、かなり大型のコンテナで、比較的大きく育つカブや菜っ葉の仲間を作りました(その様子はここをクリック!)。今年は、スペースが限られている場所にも簡単に設置できる、比較的小さなコンテナを用意してラディッシュを作りました。コンテナのサイズは、幅100cm×奥行き40cm×高さ50cmです。培養土は、赤玉土、鹿沼土、腐葉土、たい肥などを混合して、保水性と通気性に配慮しました。
b0123308_1754891
■金属メッシュ素材を使った菜園コンテナ。10cm刻みで、サイズを調整できます。

関東以西の太平洋側の平地は比較的暖かいので、種類を選べば秋からでも野菜を栽培して楽しめます。中でもラディッシュは、寒さに強くて生長が早く、あまり手間を掛けずに栽培できるので、初心者でも収穫が楽しめる比較的失敗が少ない野菜です。写真は10月10日にタネをまいて、9日後の10月19日の様子です。
b0123308_17551718
■芽が出揃ったラディッシュの苗。

白い薄布は、ポリエチレン製の細い繊維をシート状に絡ませた「不織布」です。光の90%を通しながら、ラディッシュの葉に卵を産み付けるガが飛び込んでくるのを防ぐことができます。さらに、通気性を確保しながら、強い風を遮ることができるので、吹きさらしの屋上には便利な資材です。自在に曲がる骨を立ててトンネル状にして使いました。
b0123308_17563382
■屋上は地面を這ってくる害虫がいないので、風でめくれないよう簡単な押さえをするだけで、無農薬栽培ができます。

芽が出揃ったところで、ふたばが傷ついたものや、形がいびつなものを間引きます。この後も、混み合い具合を見ながら間引いて、本葉が2~3枚になる頃に1本にします。不織布を使うと、収穫するまでに必要な作業は、水やりと間引きだけです。間引いた苗は、もちろん食べられます。
b0123308_175688
■最初は、キズついたりや形が崩れた苗だけを間引きます。その後、生長にしたがって間引いて、一か所に1本にします。

タネをまいてから1か月経った、11月10日の様子です。
b0123308_17565785
■ラディッシュも、収穫が近くなると葉が大きくなるので、混み合わないように株間は10~15cm必要です。

根元を見ると、じゅうぶんに太って収穫適期になっています。このまま置いておけばまだ太りますが、肌がひび割れて硬くなったり、中に「ス」が入ったりするので、遅れないように収穫しましょう。
b0123308_17573073

■生鮮野菜では入手できない品種を揃えました。左から、パープル・スター、ゴールド・スター、レッド・ヘッド

今回もタネでしか入手できない、色や形が変わっ珍しい品種を作ってみました。穫りたてはもちろん、入手が難しい種類を作れるのも自家菜園ならではの楽しみです。
b0123308_17575552
■上下で紅白になる、丸いレッドヘッド。ラディッシュは丸いという先入観を崩す、細長いロング・スカーレット。

収穫後は、有機肥料を軽く一握りまいてよく培養土と混ぜ、10日程度休ませればもういちどラディッシュを栽培できます。12月から2月頃は気温が低くなりますが、不織布のトンネルが、急な冷え込みや乾燥した冷たい風からラディッシュを護ってくれます。寒くなるので、ラディッシュの成長も遅くなって収穫まで2か月くらいかかりますが、じっくり育って甘味が強くなります。その後、春からはトマトやシシトウなどの夏野菜を育てます。